当サイトを読んで頂きましてありがとうございます。私は数年前に任意整理をして最近やっと完済を果たして借金生活から完全に解放された身です。 当時マックスの借入先が5社で借金の総額が200万円を超えた私の経験から現在借金に悩む人に対して少しでも力になれればと思います。

借金の原因や状況は色々とあるので任意整理だけが債務整理ではない為、他の方法も検討しなければいけない人もいるかと思いますが本当にどうしようもなくなった人は今すぐにでも弁護士や司法書士に相談するべきだと思っています。

私は借金が100万円近くになりだした時にはすでに毎日借金の事を考える毎日の生活になってしまいました。その時にはもう返済の割合は結構多かったです。

しかし、自分ではどうして良いのか分からないし相談するにも親や嫁には決して言えない… 仲の良い友人にも金額が大きすぎて言えなくてズルズルと引き伸ばしてしまいいつの間にか借金は200万円を突破していました。 私が任意整理をするきっかけになったのはたまたま見かけた電車での広告からでした。

相談しやすい弁護士・司法書士3つの条件

1.相談料が無料

経験上からやっぱりお金がなくて相談しているのにお金がかかるのはもう絶望的と言えます。まず相談料があるところがいけない事務所とは言いませんが、私からはおすすめ出来ません。 相談料が発生しているとやっぱり電話でも直接でも時間が気になってきてしまいます。 無料といっても初回のみ無料、何回でも無料と事務所によって全然違うので前もって確認しておきましょう。任意整理のみならず債務整理は全体的に相談が全てとも言えるぐらい大事なので無料だけに捉われずに相談しやすい事務所を選ぶ事も忘れてはいけません。

2.出張費用が無料

最近はメールや電話だけで会わずに完結する事務所もあるようですが、任意整理をするにも弁護士や司法書士と直接面談する事が義務付けられています。 ですので、事務所のあるような地域に住んでいたり、地方に住んでいても出向ける距離ならいいのですが、遠方の地域に在住の方はさすがに事務所に出向けませんよね。 そこで出張してくれる弁護士や司法書士はいますが気になるのが出張費用です。面談はお金がかかる事務所が多いので出張費用無料のところで面談してもらいたいですよね。

3.後払い・分割払い対応

任意整理手続きが開始されると一旦返済からは解放されますが、その間に弁護士費用や司法書士費用を貯めておく必要があります。久しぶりに借金返済から解放されたからといって散財してしまっては後が効かなくなるので気をつけておきたいですね。さすがにその間にお金は貯めておけますが、弁護士費用や司法書士費用の後払いや分割払いがないとさすがにきついです。もちろん収入が多い人はその間に費用を用意して一括支払いも可能ですが、中々現実的でないので後払いや分割払いがある事務所を選んでおくと後々で後悔しないと思います。

借金問題解決を弁護士や司法書士に依頼するメリットについて

弁護士に借金問題の解決を依頼すると、慈善事業で債務者を助けているわけではありませんので、当然費用が発生します。そもそもお金に困って借金をしてるのに、費用がかかっても弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼する人は増加傾向にあります。

それには依頼するだけのメリットがあるからです。現在抱えている借金問題を解決するための近道は債務整理を得意とする弁護士などに相談するということです。

債務整理を行うためには、ある程度の時間と法律的な知識が必要となりますし、選択する債務整理の方法によっては裁判所への手続きも必要となります。

弁護士や司法書士に依頼することによって、借金問題解決に必要なすべての手続きを代行してもらうことが出来るという点が大きな最大のメリットとなります。

一口で債務整理といっても、個人個人のケースによって最適な債務整理の方法は異なります。債務整理には、任意整理(過払い金返還請求)・民事再生・自己破産といった種類が存在しており、それぞれにメリットとデメリットがあります。

弁護士や司法書士に依頼することによって、相談者にはどの債務整理が最適なのかを判断してもらうことができ、相談者に最適な債務整理の方法で手続を行なってもらうことができます。 過払い金返還請求を行なう場合には、これまでの取引に関する取引明細(取引履歴)をお金を借りている貸金業者に開示してもらう必要があります。

個人が開示請求を行なった場合には、スムーズに取引明細の開示に応じない貸金業者も存在しています。

しかし、法律の専門家が代理人となって開示請求を行なった場合には、ほぼ間違いなくスムーズに対応してもらえます。

費用をかけても弁護士や司法書士に債務整理を依頼する最大のメリットは自分で行った場合と結果に大きな差が生じるということです。 法律の専門家の交渉力は素人とは雲泥の差があります。

例えば債務整理の中の任意整理に関しては債権者と債務者との話し合いによって、利息分をカットするなど借金の額を減らす交渉が行われます。自分で交渉するのと、債権者となる貸金業者VS法律の専門家で交渉するのとでは、結果に違いが出るのは当然のことです。

債務整理を依頼した時点で貸金業者からの借金の取り立てがストップするということもメリットとして挙げられます。
借金問題はまだ解決していなくても依頼しただけで債権者は手が出せなくなりますので、取り立てのストレスから解放されるというわけです。

依頼した後は債権者との和解交渉が成立するまですべての手続きを代行してもらえます。
借金問題は一人で抱え込まずに専門家に依頼されることをおすすめします。

借金問題を相談する際の弁護士、司法書士費用について

借金問題を弁護士に相談した際の弁護士費用についてご紹介します。
借金問題を解決する手段が債務整理となります。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産・過払い金返還請求という種類がありますが、選択する債務整理の方法によって弁護士費用、司法書士費用は異なります。

それぞれ債務整理の弁護士、司法書士費用の相場については、もっとも選択される借金問題の解決法である任意整理の相場は着手金が1社につき3万円前後、成功報酬の相場が10万円前後となっています。

次に個人再生については着手金の相場が40万円前後、成功報酬の相場が減額された金額の10%〜20%が相場となっています。

自己破産については着手金の相場が40万円〜60万円前後で成功報酬はありません。
ただし、自己破産の場合には、裁判所費用が発生してしまいます。

裁判所によって多少の違いがあるのですが予納金が10,290円、印紙代が1,500円、切手費用が4,000円となっています。
最後に、過払い金については、着手金の相場が20万円前後、成功報酬の相場が40万円前後となっています。

そもそも任意整理の中で出てくる「着手金」とは弁護士に相談・依頼した際に最初に支払うお金のことであり、 「成功報酬」とは、依頼内容が実現した場合に支払うお金のことです。

着手金・成功報酬が分割払いにできる弁護士事務所や着手金0円という事務所も存在しています。

債務整理は、いずれの方法でも法的に借金問題を解決できる手段です。
ただし、それぞれの債務整理にはメリットとデメリットが存在しているので、個人個人の各借金の状況によって最適な債務整理の方法は異なります。

弁護士や司法書士に相談することによって、色々なことを考慮して相談者にもっともベストな債務整理の方法を提案してもらうことができます。

確かに依頼をすると弁護士費用が発生するのですが、債務整理には時間と法律の知識が必須なので個人で手続きするにはハードルが高すぎます。

また、債権者と素人が交渉するのと法律の専門家が交渉するのとでは明らかに交渉力に差があります。
弁護士、司法書士への費用はかかるものの、トータル的に考えれば対費用効果に非常に優れているために多くの方が弁護士に相談しているというわけです。

自己破産とは異なり任意整理や個人再生は借金の返済は続けていく債務整理となります。
前述しましたように、もっとも選択される任意整理については債権者と債務者とで借金利息分のカットの話し合いを行うのですが、この話し合いの場で弁護士の交渉力がものをいいます。

弁護士や司法書士に依頼する事によって自分で交渉するよりもはるかにトータルで支払う借金の額を少なくすることができますし、債権者となる貸金業者からの取り立てがストップしますので精神的なストレスから解放されます。

また、依頼あとは債務整理の手続きが完了するのを待つだけです。
最後にこれらの事をまとめると弁護士、司法書士に依頼することが借金問題解決の近道となります。

借金問題の解決には弁護士、司法書士への無料相談が一番の近道

借金問題は親戚の間で持ち上がったことがあります。 我が家は誰も借金をしておらず、それが家訓でもあるからです。
しかし、親戚とはいえ身近な存在ということもあり見て見ぬふりはできません。

そこで、多少なりとも相談に乗ってあげることになりました。
ただし、借金を肩代わりするつもりはありません!
あくまでも相談に乗るだけのことです。

いろいろ親戚の話を聞いてみたところ、これは素人ではどうにもならないと感じました。 つまり、弁護士の力が必要だと思ったのです。

その点を親戚にも話してみたのですが、弁護士に相談するとなるとその費用がかかるから無理だと言われてしまい、ズルズルとそのままの状態が続くこととなってしまいました。

ある時、弁護士や司法書士への無料相談が出来ることを知ったんです。 最近は無料で相談している法律事務所が増えてきているということを知りました。

このような無料相談をすれば当然、親戚も費用をかけずに済みます。
まずは情報を調べてみました。

気をつけたことは、できるだけ幅広い内容に対応してくれそうなところを選択しました。 これによって、さすがの親戚も相談してみようという気持ちになってくれて相談することになりました。

借金問題の無料相談は、色々なところで行われているようです。

莫大なものになってしまったという人も居れば、少額でも家族や他人に知られたくないということで相談に訪れている人も居ました。

親戚の場合は少額をいろいろなところから借りていたので、その点をひとまとめにした方がいいというアドバイスをいただくことが出来たようです。

よく、おまとめローンという言葉を目にしたり、耳にしたりすることがあるのですが、ローンを全てまとめてしまうことで、多少はお得となることがあるそうなのです。

このようなアドバイスをいただけたことで早速やってみることにしました。 すると、少しお得な金額になりました。これだけでも一歩前進です。

あとは弁護士のアドバイス通りに地道にコツコツと返済していくことです。 相談に乗ってくれた弁護士によると、この程度ならまだ莫大な額とは言えないそうです。

まだ返せる可能性はあると言われたので、親戚とも励まし合ってこれからもコツコツと返済していこうということになったのです。

もちろん、私たち家族は一緒に返済はしませんがアドバイス的な形でこれからも近くで見守り続けたいと思っています。

思い切ってその道の専門家に相談に行って正解でした。 相談したことで親戚もやる気を出してくれたからです。

借金問題を解決するためには、無料相談などをうまく利用して、詳しい人に相談することは重要だと感じています。